Home » オンラインカジノ ルール » カジノで勝つために。チップコントロールを覚えよう!

カジノで勝つために。チップコントロールを覚えよう!

カジノにおいて、様々なゲームで勝ちをおさめるためには、それぞれのゲームに見合った方法対策が必要であると思いますが、そういった場合どうすればいいでしょうか。

その一つの戦略として、システムベットを行うことが挙げられます。理論に基づいたベットの手法に一定の規則性を用いることで、最終的に利益を生み出すというものです。

その手法こそが、これから紹介していくチップコントロールになるのです。ゲームの種類によって使用する最善の方法が異なってくることが特徴です。

「システムベット カジノ」の画像検索結果

チップコントロールの種類

カジノにおいては、ポーカーやブラックジャック等カードゲームに見られるような戦略が確立されているもの、シックボーやチャック・ア・ラックなどダイスを使用した運任せなゲームまで様々です。

また、ハウスエッジ(控除率)やベットの仕方、配当における倍率などゲームの特性に応じて、基本的に大きく2つの手法に分けて説明していきましょう。

マーチンゲール系の手法

ゲームに負けた場合に、次のゲームの賭け金を上げていく方法で、比較的守備的な戦法といえるでしょう。

  • マーチンゲール法・・・一回で負けた額の2倍を次の回で賭けていきます。仮に連敗しても最終的には負けた分を取り戻すことができますが、見返り金額が少ないという弱点もあります。
  • モンテカルロ法・・・「1.2.3」の並びの両端を足した合計をベットします。負ければ「1.2.3.4」となり、さらに両端の合計をベットしていく方法。
  • 2in1法・・・2回分負けた場合、次の1回の勝ちでその金額を取り返します。
  • ダランベール法・・・ベット額を勝った場合1ドル減らし、負けた場合に1ドル増やします。
  • ウィナーズ投資法・・・2連敗した時点から賭け金を勝つまで2倍など賭け続ける方法です。

バーレ―系の手法

ゲームに連勝している場合に賭け金を増やしていく方法です。単純に勝っている状態で資金が増えていくので儲かりやすく、こちらは攻撃的な戦法といえるでしょう。

  • バーレ―法・・・ゲームに勝った場合ベット額を賭け金を倍にしていく方法。
  • バーネット法・・・勝率5割のイーブンゲームにおいて、「1.3.2.6」で1セットとし次の5戦目から最初か繰り返していきます。
  • グッドマン法・・・「1.2.3.5.5.5.5.・・」と連勝が続く限り規則に沿ってベットしていきます。
  • イーストコーストプログレッション・・・連勝時に前回賭けた金額の50%割り増してベットしていく方法。

その他の手法

上記以外にも様々な賭け方もありますので、説明していきましょう。

  • 31システム・・・31ドルを9分割してベットしていきます。9回ある内の勝ち数でリスクを抑えます。
  • ココモ法・・・1回、2回目のベット金額の合計を3回目にベットする方法。
  • テンパーセント法・・・手持ちの金額の10%を常に賭けていく手法です。
  • ハーフストップ法・・・所持金の半分まで損失が出てしまった時点でベット終了するという考え方。

手法の使い方と問題点

これまでに列挙した手法に関しては、必ずしも100%勝つことができるというものではありません。

例えばゲーム開始時にはマーチンゲール系の手法を使いながら、進行具合を考え途中でバーレ―系の手法に切り替えるといった状況に応じて対応することで、ダメージを最小限に抑えることが大事になってきます。

また、注意しなければならないのは、ゲームにおけるテーブルによってマックスベット規制を考えなければなりません。

手法によって賭け金を上げていくことになりますが、決まった額以上の金額を賭けることができなくなってしまうルールがありますので、その額に達するまでにコントロールしなければならないのです。

また手持ちの資金からも上限がありますので、そういったことからも考慮して賭け金を決定することも重要であります。

「システムベット カジノ」の画像検索結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*