Home » オンラインカジノ ルール » え?オンラインカジノでも?ソリティアのルールを知って儲けよう!

え?オンラインカジノでも?ソリティアのルールを知って儲けよう!

トランプを使用したゲームの中でソリティアをご存知でしょうか?パソコンやスマートフォンを所有している方なら誰でも一度は目にしたことがあると思います。

ソリティアの歴史をひも解くと、古くはイギリスが起源とされていますが、近年PCにおけるWindowsの普及とともにこのゲームもまた標準装備され誰でも無料で楽しむことができるようになりました。

「ソリティア カジノ」の画像検索結果

元々一人遊びとしてのゲームではありますが、そんな一般的に認知度の高いトランプゲームが、一部のオンラインカジノでベットの対象として楽しむことができるのです。

しかしながら、ソリティアの名前を知ってはいるものの実際には体験したことがないという方もいらっしゃるでしょう。ここではルールの説明とカジノにおける配当の仕組みなどみていきましょう。

ソリティアのルール

簡単にこのゲームの概要を説明していきますと、「A」から「K」まで小さい数字から大きな数字までを順番に積み重ねることを目指します。

ジョーカーを除く52枚を一つのデッキとして使用し、まずテーブル上に場札と呼ばれる7組みのカードを左から順に1枚、次に2枚と1枚づつ増やし7組み目に7枚と配列、残りを山札として裏返しで一つにまとめて置きましょう。

場札に配置した7組みのカードは裏返して置きますが、それぞれ1枚は表をむけた状態にして置きます。さらに組札と呼ばれる4組みのスペースを確保しておくのです。

この状態からゲームスタートになりますが、最初に山札から1枚から3枚と決められた枚数を表にめくり(ディール)、現れたカードを元に場札と組み合わせながら、最終的に4組みの組列を完成させていきます。

組列は「♥」「♦」「☘」「♠」の4組みになりますが、注意しなければならないのは、カードを順番に並べていく際必ず赤、黒と色の違うカードを交互に選択しなければなりません

その上で大きな数字から小さい数字になるように重ねておいていくのですが、既に出ている場札のカードを1枚若しくはまとめて移動させることができ組札を出来る限り多く完成させていくのです。

配当の仕組み

ソリティアのような一人遊びのようなゲームがどのようにしてカジノでの配当を得ることができるのでしょう。

その仕組みとは、ベットした賭け額に応じた配当の割合に組札の枚数を乗じた額を得ることが出来るのです。またそれぞれに配当率と賭け額はあらかじめ決められています。

ソリティアの種類

山札をディールする際、3枚か1枚めくる枚数が決められていると説明しましたが、大きく2つのパターンに分けることができるのです。

その一つがカジノソリティア。場札において完成された数列を分割することが出来ることが特徴です。さらにもう一つがベガスソリティア。こちらは分割不可になります。

さらにこの2種類を「1カード」と「3カード」といった具合に分けられ、即ちこれが山札をめくる回数を意味し、それぞれ1枚及び3枚、またこのゲームはパスもできるので、1回と3回といった具合を表すのです。

このカード枚数は上記の2つのパターンにそれぞれ適用されるので、全てで4つのパターンのソリティアがあるというわけですね。

さらに、山札をめくる枚数が違うので、ゲームそのものにかかる影響がかわってきますので、配当もそれに応じて変化し、当然に1カードの方が配当は大きくなるのです。

「ソリティア カジノ」の画像検索結果

ソリティアの戦略

このカードゲームに関しては、伏せられた規則性のない山札をめくっていくので、基本的には運任せな要素が強い性質があると思います。

しかしながら、場札の動かし方、次にくるカードの配置する場所など先を見越して組み合わせていくことが大切です。

またカジノでソリティアを挑戦する前に、PCなどの無料のゲームである程度練習を積んでから取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*