Home » オンラインカジノ ルール » チャック・ア・ラックのルールはパブでできた!オンラインカジノで楽しもう。

チャック・ア・ラックのルールはパブでできた!オンラインカジノで楽しもう。

カジノにおけるシンプルなゲームの一つとしてダイスを使用したものがあります。

その中でも英国の酒場パブで行われていたゲームがその原点とされるチャック・ア・ラック。カジノ以外でもカーニバルゲームや募金活動などの慈善活動の場等でも行われるポピュラーなゲームについて説明していきましょう。

チャック・ア・ラックとは

3個のダイスの出る目を的中させるゲームになりますが、まず各プレーヤーはあらかじめ予想した目の数字にチップを賭けましょう。

ベット終了後、3個のダイスを同時に振ることになるのですが、オンラインカジノにおいて画面上鳥かごのようなゲージの中にダイスが入っていますので、スピンボタンを押せばダイスがゲージの中で回転し目が確定します。

出現したダイスの目により、ベットした数字が1つ以上的中すればプレーヤーの勝利。ベットした金額や賭け方によって払い戻し金額も変わってくるのです。

ベットの様々な方法

ベットの際のチップを置く場所、そのいくつかの方法について以下に示したルールを覚えましょう。

「チャック ア ラック  」の画像検索結果

  1. ナンバーズベット・・・最も基本的なベットの方法。テーブル上に1~6までの数字の割り振りがある箇所にチップを置き(何カ所でも置くことが出来る)、ダイスの目と一致すれば勝ちとなります。
  2. フィールドベット・・・3個のダイスの目の合計が次の「5・6・7・8・13・14・15・16」のいずれかに一致すること。
  3. ハイベット/オーバー10・・・3個のダイスの合計が11以上であること。ただしハイ・トリプル(3つの目が同じで12,15,18)の場合は敗者となってしまいます。
  4. ローベット/アンダー11・・・3個のダイスの合計が10以下であること。こちらもロートリプル(3つの目が同じで3,6,9)で敗者。
  5. オッドベット・・・オッドつまりは奇数にかけることを意味します。ただしオッドトリプル(3.9.15)になってしまうと負けです。
  6. イーブンベット・・・イーブンつまりは偶数に賭けることになります。ことらはイーブントリプル(6.12.18)で敗者です。
  7. エニートリプルベット・・・3個のダイスの目が全て同じであることになります。

払い戻しにおける倍率

上記項目において、2番から6番においての払い戻しは1:1の倍率になります。ただしハイトリプル及びロートリプルの場合、掛け金は没収されてしまいますのでベットの際注意しなければなりませんね。

ナンバーズベットに関してはダイスの一致した数によって倍率が変わり一カ所(シングル)では1:1、二カ所で2:1、三カ所(トリプル)になると10:1まで膨れ上がって行くのです。

中でもエニートリプルベットにおいては、3個すべて数字が揃わないといけないほど確率が低いので、その倍率は30:1にもなってきます。

ナンバーズベットにおける出目の確率

3個のダイスが一致する数が一体どれほどの確率がそれぞれにあるのかを理解しておくことも、ベットする際の一つの判断基準とすることができるのではないでしょうか。

まず全く一致しない場合の組み合わせは、125通りにもなりその確率は実に57%にもなります。

これがシングルならば、75通りになり34%。ダブルなら極端に15通りになってしまい、その確率も6から7%にまで減少してしまうのです。

そうなるとトリプルになるとその組み合わせは実に1通りしかなく1%以下の確率になるので、払い戻しにおける倍率が多いとは言っても如何にトリプルにベットすることが難しいか分かるでしょう。

しかしながら、チャック・ア・ラックはそのベット仕方によって勝敗が左右される以外は、比較的運任せのゲームであると言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*