Home » オンラインカジノ ルール » 運命の三枚目。レッドドッグのオンラインカジノルール

運命の三枚目。レッドドッグのオンラインカジノルール

カジノにおいて、トランプを使用したゲームと言えば、複雑なルールや駆け引きが必要であったりするものが多いですね。

その中でも、どちらかと言えば運まかせなテーブルゲームであるといえるものとして、また非常に簡単にプレイ出来るレッドドックを紹介していきます。

レッドドックとは

このゲームは場に出された2枚のカードと、次の3枚目のカードのみの展開になり、使用するカードはジョーカーを除く52枚のカードを一つのデッキとして使用します。

最初の2枚のカードの数字に対して、その間に3枚目のカードの数字が当てはまるかということが問題になりますが、そのはまり方によって勝敗倍率が決まってくるのです。

「レッドドッグカジノ」の画像検索結果

ルール説明

まず、ゲームに参加する各プレーヤーは掛け金をテーブル上の所定の場所にベットすることから始まり、それを受けてディーラーは場に2枚のカードを表向きにして並べます。

この最初の2枚のカードによってそれぞれ意味合いが異なり、まずその数字が隣り合い並ぶ場合(コンセクティブ)。この場合その2枚の間には、もはや数字をいれることができないので、3枚目を引くことなく引き分けになり、掛け金は返金。

次にペアといって2枚のカードが同じ数字になった時、次にくる3枚目が同じ数字であればスリーカードとしてプレーヤーの勝利(レッドドック)となります。

3枚目が全く違う場合は、引き分けとなるのですが、レッドドックとなっていれば、掛け金の12倍もの配当を得ることができるでしょう。

続いて2枚のカードが異なる数字である場合(スプレッド)。この状況でプレーヤーは掛け金をダブル(倍)にするかレイズ(さらに増やす)もしくはスタンド(そのままの掛け金)の判断をしなければなりません。

「レッドドッグカジノ」の画像検索結果

スプレッドの並びと配当

レッドドックにおけるカードの並び方としては、【A.K.Q.J.10.9・8・7・6・5・4・3・2】の順になり、「A」は「14」という位置づけになるので覚えておきましょう。

要するに2枚のカードの位置によって、3枚目のカードがどこに入るかでその配当が変わってきます。2枚のカードとの間が短いほど高配当ということですね。

では、その配当ですが、2枚のカードとの間が1つの場合、つまりは3つの数字が並ぶ場合は6倍になり、2つで5倍、3つで3倍、4つ以上なら2倍と掛け金に応じた倍率ということです。

ただし、数字の並びとして【A。2.3・・・】という具合に数字を折り返すことはできませんので、あくまでも上記の並びの中に収まらなければなりません。

また、3枚目のカードが2枚のカードの間に入らなければ、その時点でプレーヤーの負けなってしまい、掛け金は没収されてしまいます。

ちなみにスプレッドが「7」以上になる確率は18%。その勝率は50%以上であることからも、レイズするのかスタンドにするのかの判断も非常につきやすいゲームであるといえるのではないでしょうか。

カードの組み合わせ

レッドドックは場に出される3枚のカードで勝敗が決まってくるわけですが、実際に一組のトランプのデッキから3枚を抽出するには132600通りものパターンがあるわけです。

では、その中から各パターンにはどれくらいの組み合わせがあるのかというと、引き分けの場合19200通り、勝利では36920通り、負けとなると76480通りになります。

ここまで見ても、実際にポーカーや他のゲームに比べて判断がし易いうえに、プレーヤーとしてのスキル自体が必要ではないので、スプレッドの際の考え方次第では大きな金額を手にできるかもしれません。

慎重にいかなければならない部分もあるとは思いますが、思い切ったチップを賭けることができるのもこのゲームの面白いところでありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*