Home » オンラインカジノ ルール » カジノで流行中のテキサス・ホールデムポーカーのオンラインルール教室

カジノで流行中のテキサス・ホールデムポーカーのオンラインルール教室

いくつかあるポーカーの中でも、プレーヤー同士の駆け引きをすることはカードゲームの醍醐味といえるのではないでしょうか?

そんなゲームとして紹介するのが、テキサス・ホールデムポーカー。如何にして相手との心理戦を展開するかがカギになりますのでそういった部分も含めて説明していきます。

テキサス・ホールデムポーカーとは

このゲーム2人から10人までプレイすることができ、ディーラーから各プレーヤーにカード2枚が伏せられた状態で配布されます。

さらに全プレーヤー共通の5枚のカードの計7枚において、そのうちの5枚の組み合わせることによって優劣を決めることになり、一番強い手役をそろえたものが全ての賭け金を総取りできるのです。

 

ただし、ポーカーは必ずしも強い役がそろうとは限りません。場合によっては、並びの悪いカードがくることもあるでしょう。

あくまでも各プレーヤー同士の勝負になりますので、一旦は勝負を諦めて賭けを辞退するのか、相手をゲームから降ろすように仕向けていくような作戦をとるのかがこのポーカーの重要なところなのです。

ルールの説明

各プレーヤーは、ディーラーから配られた2枚のカードをもとに次ぎの5つの選択をすることになります。

  • チェック(Check)・・掛け金を出さずに次のプレーヤーに回す
  • ベット(Bet)・・所定の掛け金を置く
  • コール(Call)・・前のプレーヤーと同額のチップを賭けます
  • レイズ(Raise)・・掛け金を増やす
  • フォールド(Fold)・・ゲームから降りる

テーブルを囲むように席を取りますが、ディーラーの左側からスモールブラインド、ビッグブラインドの順に時計回り(プリフロップ)にて上記の選択をしていきます。

この際スモールブラインド及びビッグブラインドはあらかじめ掛け金をおいてプレーしなければなりません。次に続くプレーヤーはその状況に合わせて判断していけばいいのですね。

選択が一巡すると、テーブルの中央に新たなカードが3枚表向き(フロップ)で置かれ、手持ちの2枚のカードと共に判断し各プレーヤーはさらに5つのうちのどれかを選択します。

一巡後続いて4枚目(ターン)でまた選択、最後の5枚目(リバー)で全てのカードが公開されゲームは終了。最後に一番強い配役のプレーヤーが勝利となります。

ポーカーに関する用語とポジション

ポーカーのプレイの中で様々な専門的な用語がでてきます。その中でも特に必要なものをいくつか取り上げてみますと、まずはブラフ(Bluff)。つまりは、はったりですね。

このポーカーでは駆け引きが重要であると述べましたが、相手にいかにも自身の手札が強いと思わせることで勝負から先に降ろさせるような手法です。

他にもオールイン(All-In)。持っている掛け金を全て賭けるものや、テーブルの中央に集められた掛け金の全てを意味するポット(Pot)

掛け金の最低ラインを示すミニマムベット。上乗せする際の最低金額であるミニマムレイズなどは基本的な用語として覚えておきましょう。

さらには、ブラインド(強制ベット)といって1ゲームにおいて必ず場に出さなければならないベット。つまりはいい手札がないからといって降りてばかりではいられないということなのです。

また、テーブルの席に関してもその位置によって、有利であるか不利であるかの差もあるのです。ビッグブラインド側をアーリーポジションと言って、最初の情報が少ない状態で判断しないといけないので、不利な場所と言えるでしょう。

順にミドルポジションレイトポジションと後になるにつれて、前にのプレーヤーからの判断がしやすくなるので有利であるようです。

こういった様々な流れによっても戦局を左右されることになる非常に奥深いゲームですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*