Home » オンラインカジノ ルール » オンラインカジノでもルールは簡単!21を目指すブラックジャック

オンラインカジノでもルールは簡単!21を目指すブラックジャック

カジノにおける代表的なトランプゲームの一つとして有名なブラックジャック。数字の組み合わせで相手との勝敗が決まりますが、駆け引き、数字の確立など奥深いゲームです。

そんなブラックジャックをオンラインカジノでもプレイすることができるのですが、実際のカジノの場合との違いはどうであるのかも併せて考えてみましょう。

ブラックジャックとチップ

ブラックジャックの概略

まずは、ブラックジャックのルール説明から始めていきますと、ディーラープレーヤーに分かれ配られたカードの合計数が21もしくは、21以下の近い数で、より大きい方の数であれば勝ちとなります。

ジョーカーを除く52枚のトランプを使用。「2~10」まではそのままの数字でカウントし、絵札「J.Q.K」は「10」として扱い、残り「A」は「1」もしくは「11」どちらかを状況に応じて使うことができるのです。

ゲームの進め方

ゲームを始める前に掛け金を決めなければいけません。あらかじめ所定の場所にチップを置きます。(Betします)その上でディーラーから各々2枚づつカードを伏せた状態で配布。

この時、ディーラーに配られたカードの一枚だけ表に向けておかなければなりません。プレーヤーは自身の手持ちのカードの合計数と表に向けられたカードから判断し次のカードを要求するか、そのままにするかを考えるのです。

「21」という数字に必ずしなければいけないというものではなく、いかにしてデイーラーの数を上回ることができるかが重要ということですね。

様々な用語とル-ル詳細

各プレーヤーが新たにカードを引く場合をHit(ヒット)、カードを引かない場合をStand(スタンド)、カードの合計が22以上になってしまった場合をBust(バスト)と言います。

プレーヤーはバストしない限り何回でもヒットすることができますが、バストしないように判断しなければなりません。もしディーラーと双方がバストになった場合はディーラーが勝者です。

なお、ディーラーは手持ちのカードの合計が「17」以上になるまでは、何回でもヒットしなければなりならない決まりになっているので、プレーヤ―はそれより大きな数の合計でなければなりません。

その他に、Double Down(ダブルダウン)。手元に2枚かカードがあるとき、あと一回だけのヒットしないので掛け金を2倍積むことができること。

さらには、Split(スプリット)。配られたカードが同じ数字の場合、2つに分割して、それぞれ別のゲームとして、カードを各々要求し、その際掛け金もそれぞれ同額で賭けることになります。

チップを回収するカジノディーラー

オンラインでのブラックジャック

ネット上には、たくさんのオンラインカジノがありますが、ブラックジャックにおいても様々なルールに乗って自分にあったサイトでプレイすることができます。

実際のディーラーがライブ中継で行うもの。配られたカードにペアを作って高配当を狙えるもの。

サレンダー(配られたカードでは、明らかに負けると判断できる場合、掛け金の半分だけを受け取ることで、ゲームを放棄することができる)が対象のゲームなどがあります。

確率的な検証

ベーシックストラテジーの手法を使って、より勝率を上げることができるのです。デッキ数とお互いの手持ちのカードを比べることで、ヒットするのかスタンドするのかを確率的に表したチャートによって判断する手法となります。

こういった基本戦略を利用することによって、プレーヤーの有利な組み合わせを導き出していくのです。

そもそもブラックジャックに関してはペイアウト率(掛け金に対して戻ってくる見込み金額)が非常に高く、その割合も95%前後となっていることが魅力の一つでしょう。

オンラインカジノは少額でも参加することができるので、一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*